2006年03月31日

THE MILLENNIUM 『BEGIN』

B000E1NYBMビギン(紙ジャケット仕様)
ミレニウム
Sony Music Direct 2006-03-24

by G-Tools

ソフト・プログレッシブ・ロック(なにそれ?)の名盤が紙ジャケ+ボーナストラックで再発されました。私が持っているのは通常盤なのでボーナストラックは聞いてないのですが、どうもシングル・ヴァージョンのようなので『ザ・セカンド・ミレニウム』『ザ・ミレニウム・コンティニューズ』といった「未発表音源集」に収録されてる曲とも違うものなんでしょうか?シングルは未発表音源じゃないもんね?

何でもこのアルバムは、サイモンとガーファンクルの『ブック・エンド』と共に世界初の16チャンネル録音で、当時のCBSがもっともお金をかけたアルバムとのこと。しかし、内容が前衛過ぎるとの理由でほとんどプロモーションは行われなかったそうな。(金かけたのに宣伝しないって、なんか矛盾してるようだがホンマかいな?)ただ、そうしたエピソードが納得できる程、確かにこの作品は1968年発表とは思えない斬新かつクリアーな音創りがされています。

1曲目の「PRELUDE」オープニングが鳴り響いた瞬間から、まったく新しい音楽との出会いに期待が膨らみます。中心人物のカート・ベッチャーは少年時代に日本で数年間暮らしたことがあるそうで、その経験からかモロ東洋的な音も登場します。様々な音楽的要素を巧みにまとめ上げた今なお新鮮な時代を超えた名盤です。


posted by murax at 22:07| Comment(4) | TrackBack(0) | その他の国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きょうロバートは収録されたみたい…
しかしここで人物をロックされたみたい…
かつmuraxがここにmuraxがオープニングへ発表したかもー。
しかしきのう、ブックを発表したかった。
かつロバートは、経験した。
かつここに収録したかも。
かつここに経験した?
かつきょうロバートは、muraxがここにシングルへ納得するつもりだった。
かつきょうロバートがmuraxが矛盾ー!
かつここへ録音するつもりだった。
かつここでmuraxでシングルを納得したいです。
Posted by BlogPetのロバート at 2006年04月07日 11:30
ジャケが塗り絵みたいでかわいいです。途中から訳わかんなくなる迷盤いやいや、名盤ですよね
Posted by evergreen at 2006年04月08日 00:20
こんにちはevergreenさん。
ジャケットがいいのに、CD化の際ジャケットデザインをトリミングして、右上4分の1くらいだけを表ジャケットにしたCDが昔出てましたよね。
Posted by murax at 2006年04月08日 17:28
うそ〜〜信じられない!
Posted by evergreen at 2006年04月09日 12:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。