2006年05月27日

Nightwing 『My Kingdom Come』

B00004T2J5My Kingdom Come
Nightwing
Zoom Club/Windsor 2002-03-09

by G-Tools

一目でロジャー・ディーンと判るジャケット。そしてゲストでスティーブ・ハケットが参加なんだからプログレなんだろ?でも雑誌なんかで紹介されているのを見たことがないし、もしかして駄作?ショップじゃ輸入盤を時々見かけるんだけど。

で、ワゴンセールで安売りしてたのでどんなモノかと聞いてみた。一曲目からご機嫌なロックン・ロールが飛び出す・・・・ってなんか違うな。プログレじゃないじゃん!

これは・・・メロディアス・メタルっていうの?

ボーカルのマックス・ベーコンはハケットに引っ張られたのか、後にハケットとハウの双頭バンド『GTR』に参加。
posted by murax at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

T2 『IT'S ALL WORK OUT IN BOOMLAND』

B0000584TSイットル・オール・ワーク・アウト・イン・ブームランド
T.2
ユニバーサルインターナショナル 2000-12-27

by G-Tools

T2といえば、普通こっちなんだろうけど(ベタですみません・・・)ロック・ファンなら、あのかまち潤センセイがオリジナル盤を目の前で買い逃したことで有名な(?)こっちの『T2』。たったの一文字違いだけど(??)アイルランドのあのビッグ・グループとは関係ありません。(すみませんねえ・・・)

オリジナルのLPは結構レアのようだが、時々思い出したようにCDで再発されています。

90年代に WORLD WIDE RECORDS なるマイナー・レーベルからこのアルバムがCDで再発されたが、この時期レコード会社にのせられたのかリーダーのピーター・ダントン(ds、vo)以外を入れ替えて再結成し、ライブ盤や新作を同レーベルからリリースしている。この時の再発盤は1曲目の「IN CIRCLE」を含む3曲のBBCライブがボーナストラックで収録されています。このドイツ盤CDのほうがむしろ入手し易いかも。

畳み掛けるハード・ロック一辺倒と思いきや、メロトロンやブラスを使ったリリカルな曲があったりと、70年代の良きブリティッシュ・ハード・ロックの香りが漂います。奇妙なジャケット・アートや、かつての邦題「幻想楽園」ってのも時代の雰囲気を感じさせます。

オリジナルメンバーのキース・クロスがピーター・ロスと組んで発表したアルバム「時の旅人」もブリティッシュ・ロックの名盤として有名ですね。ただし、こちらはT2とは音楽性は大きく異なるフォーク・アルバムです。
posted by murax at 19:54| Comment(4) | TrackBack(3) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ANDWELLA 『PEOPLE'S PEOPLE』その後

先日の記事アンドウェラの紙ジャケCD、今回は無事発売されたようです。しか〜し、Amazon様におかれましてはジャケ写ナシ!田舎のCDショップでは実物を目にすることもなく音楽雑誌で確認したのですが、注目の(?)『PEOPLE'S PEOPLE』のジャケットデザインは本邦初(たぶん)の英国盤ジャケでした〜。
posted by murax at 23:27| Comment(3) | TrackBack(1) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。