2005年09月25日

AndrewLatimerのサイン

Camel45.jpg

Camelの記事の続き。
当時購入した『ON THE ROAD 1982』インナーのサイン。実際には購入主の名前が入っている。(その部分は編集して消してあります)他にポスター($11)やツアーパンフ($5)といったサイングッズが買えた。ツアーパンフは当時の来日公演で売っていたものと同じ3面開きのチラシみたいなもの。コンサート会場でいくらで売っていたか値段は覚えていないが、多分500円〜1000円くらいだと思う。それがアンディ・ラティマーのサイン入りでたったの$5か・・・。
posted by murax at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | コレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Camel (キャメル)

B00005V1B3Moonmadness
Camel
London 2002-06-03

by G-Tools

『The Snow Goose』と並ぶキャメルの代表作。以前、西ドイツ盤(ドイツじゃないよ!)のCDを持っていたが、ボリュームレベルが馬鹿でかくて他のCDの後に同じボリュームで再生すると、いつも驚かされたものだ。で、あまりコンサート等では演奏されないようだが1曲目の「Aristillus」は名曲だと思う。ぜひコンサートのオープニングに持ってきてもらいたいと思うのはワシだけだろうか?

10年ほど前、キャメルというかアンディ・ラティマーは公式海賊盤シリーズなんかを自主制作みたいな形で売ってて、アメリカにある事務所に直接申し込むとラティマーのサイン入りCDとかが買えた。まだインターネットが普及し始めのころで、オーダー表付きの広報誌をもらって(キャメルのCDに広報誌依頼のはがきが入っていた)それから郵便で注文したのだ。久しぶりにキャメルの公式サイトを見てみたが、グッズは売ってるがさすがにサイン入りはないようだ。当時は、ちょうどCamelが再評価される前で、ラティマーも暇だったのだろう。
posted by murax at 19:28| Comment(0) | TrackBack(2) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

ASIA

B000000OXHAlpha
Asia
Geffen Original Masters 1996-03-19

by G-Tools


現在30代の若手(!)プログレ・ファンの中には、80年代にASIAを聞いてプログレの世界に足を踏み入れた人が多いと思う。世界的にヒットした1stより、日本では「Don't Cry」や「Smile Has Left Your Eyes」といったヒットシングルの収録されたこちらの『Aipha』のほうが馴染み深いかも。
ジョン・ウェットンは、3rdアルバム『Astra』が気に入ってるようだが、(当時のインタヴューでは『Astra』が思ったほどヒットしなくて落胆してたが・・)個人的にはASIAの代表作は2ndアルバム『Alpha』で決定。その後のASIAは迷走を続け、今では訳がわからなくなっているが2ndまでのASIAはアルバム未収録のシングルB面曲を含め、どの曲も名曲ぞろい。シングルB面の「Ride Easy」、「Daylight」、「Lying To Yourself」は、LP時代には日本独自企画の限定12インチ『AURORA』(オリジナル盤同様、タイトルの始めと終わりのアルファベットが”A”になってます)でまとめて聞けたが、CDでは『GOLD』『The Very Best of Asia』といったベスト盤で簡単に聞けます。

あと、近年ジョン・ウェットンのライブアルバム等が、公式サイトで大量にリリースされてる様子。たまに輸入盤屋で見かけることもあるが、国内での流通量は少ないと思う。サイトはもちろん英語だが、直接輸入してみたい方は公式サイトからの購入にチャレンジしてみてください。
posted by murax at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

カテゴリ変更

これまで「ブリティッシュ・ロック」と、イギリス以外のプログレを「ユーロ・ロック」と2つのカテゴリで記事を投稿していたが、とある方面から「イギリスはユーロじゃないの?」といった鋭いご指摘をいただき、ちゃんとイタリアのバンドはイタリアン、ドイツのバンドはジャーマンと分類することにしました。わかっちゃいるけど、イギリスとその他の国のバンドじゃ情報量が違いすぎてバランス取れなかったのよね。ヨーロピアン・ロック・コレクションなんかのシリーズ企画にイギリスのバンドがラインナップされてると違和感感じませんでした?
そのうちフレンチ・ロックやアメリカン・ロックも追加しようと思うが、他のヨーロッパ諸国や、カナダ、オーストラリア、ブラジルなんかにも有名なプログレバンドは多いので、どう記事カテゴリを分けようか悩ましいところ。
posted by murax at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

Affinity

B0001XLX7AOrigins 1965-1967
Affinity
Angel Air 2004-05-10

by G-Tools

自分のページに表示された広告リンク先のオンラインショップで思わずCDを購入してしまった・・・。
色々紹介したいとこだが、Amazonで情報探したら7枚買ったCDの内1枚しか登録がなかった。(まあ、7枚のうち2枚はプライベート盤なので登録されてるはずがないのだが)で、登録があった1枚がこのアフィニティーのプライベート盤みたいなジャケットの発掘音源。メンバー的にはアフィニティーなのだが、ジャズロックというよりジャズを演奏してるほとんど別バンド。アフィニティーの発掘音源は他にもライブ盤等が出てるが、どれもキーフのデザインでおなじみのオリジナルアルバムのジャケットを変色させただけってのは何とかならんものか。
Affinity
Affinity
B00005YUEZ  こちらがオリジナルアルバム


Live Instrumentals 1969
Affinity
B00007BGZL  ライブ盤


1971 - 1972
Affinity
B00009YWAR  アウトテイク


posted by murax at 22:39| Comment(4) | TrackBack(3) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

YES

B0000AN110リレイヤー
イエス
ワーナーミュージック・ジャパン 2003-09-10

by G-Tools

イエスのアルバムの中ではこのアルバムが一番気に入っている。別の紙ジャケ盤を持っていたが、ボーナストラック付きなので買い直した。メンバーもベストメンバーではないが、『こわれもの』『危機』の曲はライブ盤も含めてマテリアルが多すぎて結構聞き飽きたというのがあるかも。このアルバムや『ドラマ』が好きってのはイエスファンとしては邪道なんだろうね。それにしてもここ数年のイエスは再発盤やら編集盤やらアルバム出すぎでない?
posted by murax at 19:44| Comment(1) | TrackBack(1) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google AdSense その2

以前、バーコードリーダーの記事を投稿したらトップページでもGoogle AdSenseでバーコードリーダーの広告ばかりが表示されるようになったことを書いたが、最近になってようやく音楽関係の広告が表示されるようになってきた。ピンポイントでプログレ関係のネットショップの広告なんかも出るようになって、どういった仕組みかわからないがかなりマッチングの精度が上がってる模様。
posted by murax at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

LIBRA

B0001ZX4NYムジカ&パローレ(紙ジャケット仕様)
リブラ

BMGファンハウス 2004-06-23
売り上げランキング : 97,306

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

BMGイタリアンロック復刻紙ジャケットコレクションUの1枚。イル・ヴォーロPFMバンコといったイタリアンロックの超大物が並ぶラインナップの中では地味なアルバムだが、これは予想外の拾い物。曲調はバラエティに富み、曲の展開もめまぐるしく変化するがとても聞きやすくポップですらある。ある意味イタリアンロックらしくない名盤。ギターソロが結構目立ちます。
posted by murax at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリアン・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

Google AdSense

Google AdSense(グーグル・アドセンス)を導入した。ページの内容を分析して最適な広告を配信するというものだが(このページの右サイドバーに表示されてます)一度バーコードリーダーの記事を投稿したら、トップページでもバーコード関係の広告ばかり表示されるようになった。ここはバーコードのページか・・。
posted by murax at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | その他もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FAUSTO LEALI

B0009N2XZI愛の物語(紙ジャケット仕様)
イル・ヴォーロ ファウスト・レアーリ

ディウレコード 2005-06-24
売り上げランキング : 42,847

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
イタリアのスーパーグループ、イル・ヴォーロは2枚のアルバムを残して消えてしまったが(昔キングレコードから2in1で出てましたね)2枚のアルバムの次は、メンバーのアルベルト・ラディウスのソロもいいけど、まずはイル・ヴォーロが全面バックアップしたファウスト・レアーリのこのアルバムでしょう。演奏はまさにイル・ヴォーロそのもの。で、紙ジャケ日本盤の解説書の内容は、見事なまでにファウスト・レアーリ一色。そう、これはファウスト・レアーリのアルバムだからあたりまえなんだけどね。
posted by murax at 00:44| Comment(0) | TrackBack(1) | イタリアン・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

Jackson Browne

Jackson Browneの「Running on Empty」(邦題:孤独なランナー)のDVD-Audio盤。以前RhinoのHPでもリリース告知があったのに、今日になって予約していたHMVから販売中止の連絡メールが来た。CDとDVDのツインパックということだったが、何度も販売延期の末の販売中止。何年か前からこのアルバムのDVD-Audio盤は告知だけされて(そのときのリリース元はRhinoじゃなかったかも)その度予約していたが、一度も入手できていない。現物も見たことないし市場に出たことがあるのかも謎。尾崎豊もフェイバリット・アルバムの1枚にあげていた名盤だけにDVD-Audio盤を望むファンは多いと思うのだが、いったいどうなっているのか?・・・なんかプログレ以外、それもブツが入手できなかった話で長文になったが、このアルバムはライブアルバムでありながら収録曲はすべて新曲。ホテルやバスの中での録音を含む、ツアーを記録した変り種ライブとして、とてもプログレッシブなアルバムなのだよ!(むりやり)

posted by murax at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プログレ以外の音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

COMUS

B0007W0KJ2Song to Comus: The Complete Collection
Comus

Castle 2005-07-05
売り上げランキング : 13,166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

COMUSのCDは2枚とも持っているが、こんなものが出ていたとは。2枚のアルバムとシングルの曲などを収録したコンプリートコレクション2枚組CD。ただ、シングルのうち何曲かはLP時代に海賊盤の1stLPに入っていたので聞いてるはずなんだよね。初めて1stの正規盤CD買ったとき「曲少ないじゃん?」とか思ったもんだ。そんなわけでこのCDは買うかどうか迷ってるとこ。ちょいと前に紙ジャケCDも出てたみたいだし、「こうます」聞くのに選択肢に迷うなんて幸せな時代になったもんだ。COMUSがオリコンにチャートインする日も近いね。(そんなわけないって)
posted by murax at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ブリティッシュ・ロック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。